2009年10月14日

故郷の味

091013_1226~0001.jpg
朝夕冷えてきましたね。

淡路牛よりリクエストを受け、今年初の土手煮を作りました。
お味噌の国の料理です。

大阪でも以前、お店で土手煮?を食べたことはありますが、赤味噌でなく、私にはなんだか変に甘すぎて、大変残念な気持ちになりました。
土手煮はやはり、赤味噌の料理だと思います。

いつもは汁気たっぷりに作り、うどんにかけたり色々楽しむんですが、淡路牛はいつもお汁を残します。
何となく勿体ない気がしていたので、今回は水を少なめに(いや、本来教わった水量で)作ってみました。

3時間くらいは煮込むのですが、今回は汁がなくなってしまいました…

でも、何だか「飲み屋の土手煮」って感じで、これはこれで良い感じ(*^-^*)

淡路牛も「いつもの味!美味しい!」と言ってくれました。
やったね。

あーしかし、やはり味噌は良い。赤味噌万歳。
posted by 三河牛 at 01:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食物日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32900404

この記事へのトラックバック