2009年03月21日

チャレンジ

「チャレンジングメニュー」というものが
チーム和牛内には存在します。

何かって言えば、
「趣向を変えてこんなコトやってみた」
「あるもので何とかがんばってみた」
「気の迷いでこんなの混入してみた」
とか、そういうものだったりします。

チャレンジングメニューはまれに
(とくに見た目で)失敗することがあるため、
淡路牛はこの単語の出現をひどく警戒しています。

しかし、昨日の晩ご飯、久々にやってみましたよ!

ミンチ買ったのが半端に残っていたのと
最近頻発している餃子まつり、
前回の皮が8枚ほど残っていたので
餃子をやろうと思っていました。

数個分の餃子のタネを作ることも考えたのですが
自家製餃子は何故かたいへん淡路牛に好評なため
折角なら少し量を作ろうかな、と。

しかし、餃子の皮を買い忘れた私。

ゆえに、今回のチャレンジは餃子の皮です。
あ、勿論、初めての挑戦です。

以前、淡路牛のお友達、Hな御大のブログ
(こっそり愛読させて頂いてます黒ハート)にて
餃子を皮まで自作されていた記事を読み
すげーと思った、その記憶を頼りに作成しました。

えぇ、記憶が頼りなので、分量は適当です。
ついでに言えば、材料も適当です。

「確か…粉と塩と、水?」

自宅には薄力粉がありました。
故に、薄力粉+水(ともに分量適当)、そして
塩を少々混入してみました。
打ち粉には片栗粉を使いました。

「水少ない気がしても大丈夫」
「耳たぶの硬さ」
的な単語だけ頭の中に残っていたので、
水少なめで練って練って練って、ソレっぽくしました。

んで、丸めて伸ばして皮作成。
麺棒が無かったので、伸ばすのはすりこぎで代用。

…只今記事を読み返させてもらったら
色んなところに欠けてる手順があった訳ですけども、
いやぁ、意外と出来るもんですね!
だんだん楽しくなってきて、
ひたすらゴロゴロピラピラさせてました。

伸ばした皮は、順番に重ねてまいります。

いくつ皮を作ったか忘れましたが、
全てを皮にしたら、早速包装開始。

既製品餃子の皮で餃子を作ったあと、自作皮で作成。
自作皮は、驚くほど柔らかかったです。
そして、よく伸びました。
ヒダを作りたかったのですが、
皮が伸びすぎて、微妙なヒダになっちゃいました。

…しかし、よく伸びるのを目の当たりにし、
さらに「自由設計可能」な点に気づいたとき、

私は

「巨大餃子が食べたい」

という衝動に駆られてしまいました。

そう思い出したら止まりません。
幸か不幸か、重ねてた皮たちの最初の方に作った皮が
待機中にくっつきだしたため、
重なったまま再び伸ばし、巨大皮を作り、
そこに思う存分タネを詰めてやりました。

よく伸びるので、
見た目はともかく包むのは楽です。
イイ感じです。

全部包み終わったら、焼き。
ちょっと時間長めに、じっくり焼きました。

んで、完成。

まず、第1弾(できたての皮使用)。
jiaozi01.jpg
奥の8個が既製品皮、
手前の4個&向きの違う1個が自作皮です。
意外と普通っぽいでしょ?でしょ?

そして第2弾(くっつき皮&巨大化の衝動)。
jiaozi02.jpg
赤矢印の一番小さいのが、
比較用に置いた標準サイズ餃子です。

写真じゃわかりにくいですが、
丸々と全体的に巨大化しているものもあり
横長皮で包んだために数倍角になっているのもあります。

シンプルな材料で作った皮ですが、
柔らかいところはもっちり、
ヒダ(のようなもの)部分はカリッとして
思いの外美味しかったです。
大きい分、食べ応えも充分でしたしね。

淡路牛も「うまい!」と言ってました。
「おいしいねぇ〜」的なのんびり反応でなかった分
ちょっと衝撃があったおいしさだったようです。
おぉぉ。

…「チャレンジングメニューだから」と
不味いつもりで食べたから衝撃だったとか
そんなオチでないことを祈ります…。

毎回やるのは無理ですが、
コネコネの衝動に駆られたときなどに
たまーにやる分には良いなぁと思いました。

またいつかやろうっと。
posted by 三河牛 at 15:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食物日記
この記事へのコメント
おわっ!
巨大餃子!!!
すんごいおいしそう(@@)
食べごたえも抜群なんだね!
手作りの皮ならではの発想だねー。
うちも今度チャレンジしてみようかな。巨大餃子食べたいーーーーーー!
Posted by ゲゲーニン at 2009年03月21日 17:31
>ゲゲさん
今回作成の皮は柔らかすぎの感が否めないですが(^^;)
それでも意外なまでにヒットだったのでオススメです!
作るのに時間が掛かってしまうので
お時間余裕あるときなどに是非!
Posted by うし at 2009年03月23日 11:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27752162

この記事へのトラックバック