2008年10月03日

グレイト血液、臍帯血

ベルマークや古切手を集めるとか、
肉などのトレイを集めるとか、
牛乳パック(は最近やってないけど)や缶を集めるとか、
その他「いつか使うかもしれない」と物をため込むとか、
まぁ、その辺のことが小さい頃から好きだった訳ですが。

献血とか骨髄バンクとか脳死後の臓器提供とか
その辺も興味アリアリな訳ですが。

以前からCMなんかで見て、
気になってはいたんですよね。
臍帯血。
詳しいことはよく分からんが面白そうだな、と。

ふと気になって調べてみました。

日本さい帯血バンクネットワークなんてものが
今の世の中にはあるようです。

ここのキャラクターはきずなちゃんと言うらしい。
やはり血です。赤いです。
個人的にはけんけつちゃんのが好みです。
今見たら、けんけつちゃんのHPが出来てて
更には絵描き歌や体操まで出来ててビックリしました。
全日本的に愛されてるんですね。流石ですね。

…話を戻して、臍帯血。

臍帯血とは何かと言えば
「母親と胎児を結ぶさい帯と、胎盤の中に含まれる血液」
なんだそうですが、こいつ、すごい奴だったんですね。
血液細胞のもと「造血幹細胞」がいっぱい含まれてて
骨髄移植と同様の治療できるんですって。うへぇ。
すんごい新鮮だから重宝するのかと思ってましたよ…。

同じ血を何故にこれだけ分けて呼ぶのかと思ってましたが
激しく納得。

母体でなく赤ちゃん側の血液にあたるそうですが
へその緒を切ってからすぐ採取するそうで
母子共に痛いことも悪いこともないのだそうで。

しかも臍帯血の保存期間は半永久的。
普通の献血した血は有効期限がある(しかも短い)から
それを考えると本気ですごい。
グレイトですよ。臍帯血。

しかしながら、
臍帯血はどこでも提供できる訳ではないらしい。
現在は全国で103病院のみの実施なんだそうです。
んー、これはまだ多くはない、ですよね?

技術的な面とかまぁ色々難しいのかな、とは思いますが、
骨髄バンクのドナーもまだまだ足りないって言うし、
このように臍帯血のすごさを知ると
もっともっと提供可能な施設が増えたら
みんなが嬉しいんじゃないかなぁ、と思いました。
実際、私もチャンスがあればやりたいと思ったし。

やー、ほんと、コレ、捨てたら勿体ないよ。
posted by 三河牛 at 14:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる
この記事へのコメント
出産時に2回とも提供しましたよ(^^)
10年以上前のことなので記憶があやふやですが、
検診か何かのときに、先生(助産婦さんかも?)から説明があって
「提供するよ」書類にサインした覚えがあります。

出産の方にすべてのパワーがいってるんで、いざその時には
臍帯血がどうの・・・ってことはスコーンと頭から抜けてましたが
後から「提供したよ」って証明書だかシールだかをもらって
母子手帳に貼ったような??

・・・昔のことなので細かなことは忘れてますわー(苦笑)
でもうしさんと同じく「そりゃ捨てたらもったいないわ!」
と思って即賛同したのは覚えてますよ。

ちなみに名古屋で産婦人科・新生児医療といったらココ!
って有名なキリスト教系の総合病院で出産しました。
個人病院から妊婦さんや新生児の赤ちゃんが搬送されてくる
ような専門的な病院だったので当時にしたら最先端のことが
できたのかもしれませんね。
Posted by よっちゃん at 2008年10月03日 16:04
>よっちゃんさん
やっぱ捨てたら勿体ないですよね!(笑)
いつの間にやら気がついたら人の役に立ててるなんて、かなり理想型な役の立ち方だと思うんですよねぇ…。
よっちゃんさんのコメント読んで、ますます臍帯血提供熱が上がりました!提供を受け入れるだけの技術や施設を必要とする訳だから、契約病院も粒揃いでしょうしねぇ…。ほぅ…。
如何せん淡路や三河の里近所に契約病院がなさそうなのが玉に瑕ですが(汗)、死ぬまでに一度はやったんで、と密やかに燃えております(笑)
Posted by うし at 2008年10月05日 23:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20457008

この記事へのトラックバック