2008年07月24日

セミナー終了

今日から天神祭だそうですが、そこに出かけていた訳ではなく。

今月初めから4週連続ありました落語セミナー、
今日が最終日でございました。
で、今日は締めくくりとして、
各人テキストから1つのネタを選んでの発表会でした。

この4回参加して強く思ったんですが、
落語ってホントにルール無用ですねぇ。
「落語」という形式としての最低限の決まり事はあれど、
演台に上がったら、笑わせたら勝ち、みたいな。
プチ無差別級競技みたいな。
今日の発表も、正攻法(っていうのかな)で笑わす人もあり、
その人が話すだけで面白い、みたいな
(専門用語で「フラがある」と言うそうだ)人もあり、
みんなそれぞれ違う面白さがあって、
聴いてる間も楽しかったです(^O^)

普段は個性派に分類されがち(何故だ!)な私ですが、
肝心なところでつまんないなぁと思うことがちらほらあります。
つい、よい子回路が働くというか、何というか…

発表のあと、都んぼ師匠からお話をいただきましたが
「落語っちゅーモンは自分の醜いところをさらけ出すみたいな
 ところがありますので」
「反骨精神とか、皮肉とか、そういうコトもガンガン言っていく。
 でもそれが笑いに包まれているのが大事」
という趣旨のお言葉が、とても印象的でした。


来月の発表会には、ベテランの方が2名、
若手からは正統派・個性派各1名が選出されました。
私は残念賞!でしたが、何故かスッキリしております(笑)
4名の皆さんには、是非とも頑張って頂きたい!

8/22に名古屋の某所で名古屋弁・大阪弁共演の
落語発表会があるらしい(詳細分からず…)ので、
もし「これか?」という会を見かけた方は足をお運び下さいな。
ネタも、話す人も面白いですので!


何はともあれ、いい経験をさせていただきました、マジで。

落語、思った以上におもしろいよ。
posted by 三河牛 at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17283800

この記事へのトラックバック